So-net無料ブログ作成

テクニカル分析は何をお使いですか? [FX]

ここ数日は重要な経済指標の発表がないので、ブログのネタに困るのですが、ちょうどテクニカルについて調べることがあったので、備忘録的に書いておきます。


私は個人的にこれまで、一目均衡表とストキャスティクスを使用していました。


一目均衡表は、雲(私が勝手に呼んでいます)の動きや大きさを見ながら、チャートの先端が雲のどの位置に存在するかを分析して、売買のシグナルとしていました。


これはある程度当たるもので、大きなトレンドを測るよりも、小さく売買していくのに適していると思います。


今朝、ある売買シグナル発信について勉強する機会があり、それによると「ボリンジャーバンドとRSIによって逆張り」というものでした。


ストキャスティクスとRSIは似たような指標で、上下0~100のうち、上70では買われすぎ、下30以下では売られすぎ、という単純明快なものでした。


ボリンジャーバンドは、これまであまり使ったことが無かったのですが、これはチャートは、±1σ(シグマ)の間では約60%、±2σの間では約95%で値動きをするというもので、このσ線を越えると「異常値」としてトレンドが変わるというシグナルのようです。


細かく見て行くといろんな分析ができるのですが、私は細かい事が苦手なので、勉強内容はここまでで終わっています。


EA(自動売買)はこのようなオシレーター分析を駆使して、シグナル発信、もしくは自動売買をしているのでしょう。


という事は、FXに関しては、株式やコモディティ(商品)よりもテクニカル分析がやりやすい、つまりテクニカル分析をマスターすれば、FXトレードなんて簡単に利益が出せるんじゃないかと思います。


人間はどうしても私情が入るので、売買のタイミングを見逃しがちですね。


しかし、テクニカル分析がきちんと行なわれ、機械的な売買をやってくれるEAがあれば、怖いもの無しではないでしょうか。


世の中には星の数ほどのEAがあります。


その中からベストなEAを一つ選び出すのは至難の業ですね。


いくつかの有名なEAを組み合わせれば、きっと利益は追求できるのではないかと思いました。

FXチャート 2011-06-07 15M
【2011-06-07 15M】

FXチャート 2011-06-07 5M
【2011-06-07 5M】


今朝のドル/円相場は、80円10銭ほどで動いています。


主な経済指標の発表もなく、世界から見放された「円」の行方は、今後どのようになっていくのでしょうか?


救いは、日本時間の深夜にバーナンキFRB議長の発言があるので、それに期待しましょう。


しかし、「米国経済の回復は遅い」なんて発言されると、再びドル売り・円買いが活発化しかねません。


まあ、為替がどちらに動いても、利益は追求できるので、発表が待ち遠しいです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。