So-net無料ブログ作成

(米)昨夜発表された雇用統計の結果は・・・!? [FX]

日本時間の昨夜、21:30に米国雇用統計の発表がありました。
数値的には改善が見られまして、ドル買い・円売りが進行しました。
発表内容は以下の通りです。

【4月度・米国雇用統計】

◆非農業部門雇用者数:+24.4万人(前回:+21.6万人)、予想:+18.5万人

◆米国失業率:9.0%(前回:8.8%)、予想:8.8%

今回は何と言っても「非農業部門雇用者数」が予想値を大きく上回った事が好感されました。

しかし米国株価も高値を更新中だったので、上値は抑えられたみたいですね。

円も一時円安に動きましたが、相場が落ち着くと徐々に円高に向かいました。

トレンド的にはドル売りによる円高進行ですかね?

 

FXチャート 2011-05-07 15M

【2011-05-07 15M】

FXチャート 2011-05-07 5M

【2011-05-07 5M】

 

今朝(今週末)のドル/円相場は、80円62銭で終わりました。

昨夜の米国雇用統計の発表時はドル買い円売りで、一時80円90銭近くまで下落しましたが、一巡後は円高方向で落ち着きました。

今後も米国経済の不安定さによってドル売り・円買いが進んで行く可能性はあると思います。

ここにユーロも絡んでくるので、一方的に円高方面に向かって行くとは思いませんが、ユーロ圏内も経済不安の国があるので、静観はできませんね。

来週はゴールデンウィークも明けているので、FXトレーダー達も元気に戻ってくることでしょう。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。