So-net無料ブログ作成
検索選択

資源国の通貨は強い! [FX]

オーストラリア(豪)は資源国として有名ですが、ここ最近の商品相場の価格上昇を背景に資源国の通貨が買われ、ドルが売られています。

資源国であるオーストラリアは、石炭・鉄鉱石・原油・アルミ・液化天然ガス等を輸出しており。近年の新興国(特に中国)の需要によって、これらの資源価格は暴騰し続けています。
特に鉱物の価格指数は10年前に比べて3倍以上にもなっています。

オーストラリアは自然豊かな、のんびりとした国というイメージがありますが、実は日本よりも経済成長が著しい国なんです。

私は20年前にオーストラリアを旅行しましたが、その時はガイドブック通りの観光立国といった印象でした。
しかし現在は、世界有数の資源輸出国です。
今後は中東のような原油だけではなく、このような鉱物などいろんな資源を持っている国が潤っていくのでしょうね。

それらの資源を輸入して製品を製造する日本も、いろんな意味で政策転換を図らないといけないのではないでしょうか。

話は戻りますが、スイスフランもドルに対して上がっているようで、総じてドル安の展開です。

バーナンキFRB議長が米国経済について弱気な発言をしたので「やっぱりアメリカは弱くなっている」という印象を世界中に与えてしまっているように思われます。
要人発言は世界を動かしますね。

反対に今朝の円高は、ユーロ主導の円買いだそうです。
ドルを買う気にならないから円を買う?
それとも円を買いたいからドルを売る?
いずれにしても破綻間近の国を抱えている欧州連合が、経済破綻直前の日本の通貨を買うなんて・・・。
FX初心者の私には理解できません。

 

FXチャート 2011-04-30 15M

【2011-04-30 15M】

FXチャート 2011-04-30 5M

【2011-04-30 5M】

今朝(今週末)のドル/円相場は、81円20銭で終わりました。

この円高はユーロ主導による円買いのようでしたが、米国経済の弱さを露呈している昨今の米国経済指標の影響もあるのでしょう。

日本は来週もGWですが、為替相場は世界中で動いているので、仕事が休みのFXトレーダーも相場に集中できますね。

それでは、また来週お会いしましょう。


米国経済の行方 [FX]

昨夜、「米国GDP(第1四半期:1月-3月期)速報値」の発表がありました。
年率換算した数値は、プラス1.8%でした。
これで7期連続でプラス成長を記録したものの、明らかに鈍化しています。
内容的には個人消費の落ち込みや、住宅・設備への投資が大幅に減ってしまいました。
原油価格の高騰が影響したようです。


さらに新規失業保険申請件数は、42.9万件(予想は39.5万件)と、3週連続で40万件を越えてしまいました。
これらの経済指標の影響で為替相場も「ドル安・円高」になりました。
こうしてみると、先日のバーナンキFRB議長の会見でもあったように、現在の米国経済は弱さを見せているようです。


こんな事を書いたら不謹慎でしょうが、やはり米国の経済を支えるのは軍事、つまり戦争を仕掛けるしかないのかと思ってしまいます。


話は変わりますが、別の経済ニュースを読んでいると、日本の金融機関が欧州で経済危機に陥っている国(ギリシャ等)に対して合計7兆円以上もの資金を融資しているらしいです。
それだけの資金が日本国内で回ったら、苦しんでいる中小企業がどれだけ助かるだろうかと考えてしまいます。
確かに財政的に問題のある国を、見返りを前提に援助する事は分かりますが、国内にも目を向けて頂きたいものです。
日本経済を支えているのは、巨大メーカーに部品を供給している中小企業たちなのですから。

FXチャート 2011-04-29 15M

【2011-04-29 15M】

FXチャート 2011-04-29 5M

【2011-04-29 5M】

 

日本は今日からゴールデンウィークに突入です!

長いところでは10連休といったところでしょうか。

しかし東北関東大震災の影響で自粛ムードが高まる中、なかなか遊びに出かける気分になれないのが正直な気持ちです。

しかも、今後の日本経済の落ち込みを考えると、消費を抑えようと考えてしまいます。

頭の中では分かっているんですよ、「消費を起こさないと、益々日本経済は沈んでしまう」、と。

アントニオ猪木が「自粛ヤメロ!」と叫んでいましたが、気合だけでは消費は増えないのも事実です。

何か解決策は無いでしょうか。

 

今朝のドル/円相場は81円55銭~60銭です。

比較的落ち着いた動きですね。

激しく動かないと面白くないというFXとレーダーの方もいらっしゃると思いますが、自動売買ツール(EA)にとってもシグナル発信が難しいのでしょうか?

今後、EAも勉強していきたいと思います。


2011年4月28日のドル/円チャートです。 [FX]

FXチャート 2011-04-28 15M

【2011-04-28 15M】

 FXチャート 2011-04-28 5M

【2011-04-28 5M】

今朝のドル/円相場は、82円を挟んだ展開になっています。

ユーロがドル・円に対して高くなっているようで、円安に動いていました。

昨夜から今朝にかけてのFOMCやバーナンキ議長の会見内容は、まだ理解しきれていないので、コメントは省かせていただきます。

ただ一つ言えるのは、日本政府等が発表する内容よりも遥かに信用がおけるという事でしょうか。

市場や国民から信用される事が一番大事だと思います。


2011年4月27日のドル/円チャートです。 [FX]

日本時間の今夜午前1時半にFOMCによる政策金利の発表があり、その後バーナンキFRB議長の記者会見があります。

その影に隠れていますが、日本時間の今夜21:30に「米国3月度耐久財受注」の発表もあります。
(前回の記事はコチラ
※発表された数値は後日修正される場合があります。

今年に入ってからの発表値は次の通りです。

【米国3月度耐久財受注・カッコ内は除輸送機器】

1月度:+2.7%・(-3.6%)
2月度:-0.9%・(-0.6%)

さて、今夜から明日の朝にかけて眠れない夜を過ごすトレーダーが多そうですね。

FXチャート 2011-04-27 15M

【2011-04-27 15M】

FXチャート 2011-04-27 5M

【2011-04-27 5M】

 

今朝のドル/円は、81円40~50銭で動いています。

若干円高が進んでいますね。

これは、米市場予想で、政策金利の引き上げが遅れるとの見方によるドル売りが原因のようです。

今夜の深夜から明日の朝にかけてFOMCやバーナンキ議長による重大発表がありますので、目が離せません。

発表を楽しみに待ちましょう。

ちなみに私はFXトレードは本格的にやっていないので、精神的に楽ですね。

トレードをされるみなさんへ・・・情報収集も大事ですが、最後は自分の相場観だと思いますので、しっかり勉強して(相場に負けることです)自分なりの方針を立てて頑張って儲けてください。


2011年4月26日のドル/円チャート [FX]

FXチャート 2011-04-26 15M

【2011-04-26 15M】

FXチャート 2011-04-26 5M

【2011-04-26 5M】

今朝のドル/円相場は81円70銭近辺と、昨日の「ゴトウ日の仲値ドル買い」の前の状態に戻った状態です。

各金融機関が、昨日買った外貨を円に戻す動きがあったのかもしれません。

昨夕、ある経済ニュースを読んでいたのですが、今回の「ゴトウ日の仲値ドル買い」は、ゴールデンウィーク前という事もあり、大きな需要があったと書いていました。

確かに日本で大型連休に入る前に、外貨を獲得しておこうとする動きも理解できます。

このような「先読み」を出来るかどうかが、相場で勝てる分かれ目なのかな、とも思います。

今夜は大きな経済指標の発表も無く、しかもFOMCの発表を明日に控えているので、もうしばらく落ち着いた動きに終始するかもしれないですね。

とは言いつつ、このタイミングで「↑」「↓」を先読んだ者が勝てるのでしょう!


(米)「3月度・米国新築住宅販売件数」、そして「5・10日の仲値ドル買い」の話 [FX]

日本時間の今夜23:00、「3月度・米国新築住宅販売件数」の発表があります。

この経済指標も大変重要な数値でして、中古住宅販売件数と並んで、経済の先行性が高いようです。

ちなみにこの数値は「新しく土地を購入し、その上に新築住宅を建てる事」が対象であり、既に持っている土地に新しい家を建てても統計の対象にはなりません。

さて、今週はどのような動きを見せてくれるでしょうか!?

 

FXチャート 2011-04-25 15M

【2011-04-25 15M】

FXチャート 2011-04-25 5M

【2011-04-25 5M】

今朝のドル/円相場は、82円ちょうどくらいで推移していました。

この記事を書いている9時半過ぎには、急激に円安に振れてきており、82円30銭近辺まで進んでいます。

今日は25日なので「5・10(ゴトウ)日」ですね。

みなさん、「5・10日の仲値ドル買い」という言葉をご存知でしょうか?

まず「仲値」とは、銀行が毎朝、外貨の値段を一つに決めて、それをTTB(買値)、TTS(売値)として提示しています。

その時間は9:55頃です。

そして5・10日には、海外送金が多くなるので、その準備として銀行はいつもより多めに外貨を用意します。

特に今日は25日なので、給料日の企業も多いことでしょう。

このために銀行は外貨買い・円売りを盛んに行って、今朝のようなドル高・円安が進んだと思われます。

こうしてみると、FXトレードにおいても、この手法が活かせるかもしれないですね。


2011年4月23日のドル/円チャートです。 [FX]

FXチャート 2011-04-23 15M

【2011-04-23 15M】

FXチャート 2011-04-23 5M

【2011-04-23 5M】

今朝(今週)のドル/円相場は、81円87銭で終了しました。

米国の経済が弱含んでいる内容の経済指標が発表された今週でしたが、為替も全体的に円高に進みました。

さて、来週はどのような動きをするでしょうか!?

楽しみですね。


(米)昨夜発表された米国新規失業保険申請件数の結果は!? [FX]

昨夜、日本時間の21:30、米国新規失業保険申請件数が発表されました。
結果は以下の通りです。

【新規失業保険申請件数(2011-04-22)】
今回:40.3万件 (予想:39.0万件)
※前回発表された数値が修正されました。
41.2万件→41.6万件

いずれもラインである40万件を突破しておりまして、米経済の悪化が懸念されます。

為替相場もドル安・円高に動きまして、82円を割る展開になりました。

★米誌「タイム」が発表した「世界で最も影響力ある100人」に、原発事故に翻弄されている福島県南相馬市の桜井勝延市長が選ばれました。
Youtubeの動画はコチラ

トヨタ自動車の工場では効率優先で1秒1秒細かく切り詰めて作業をさせていましたが、今回のような震災の対応では全く意味を成さない事が証明されました。

日本人はモノを作るのは得意ですが、人間を助けるのは苦手のようですね。

直接、市民を助けることが出来ない行政に、私たちは期待も信用もできません。

この桜井市長のように、率先して物事を進めていってもらいたいと思います。

FXチャート 2011-04-22 15M

【2011-04-22 15M】

FXチャート 2011-04-22 5M

【2011-04-22 5M】

 

米国の経済指標の発表値が良くないので、ジリジリと円高が進行しています。

しかし円高ということは、今のうちに円を外貨に替えておけば、将来の円安に期待が持てるのではないでしょうか。

日本で暮らしていても、円高のメリットはあまり感じられません。

それは、原油価格の高騰が続いており、円高のメリットが追いついていないからでしょう。

今後の為替相場から目が離せません。

●今日は4月22日ということで、「良い夫婦の日」だそうです♪


2011年4月20日のドル/円チャートです [FX]

FXチャート 2011-04-20 15M

【2011-04-20 15M】

FXチャート 2011-04-20 5M

【2011-04-20 5M】

今朝のドル/円相場は、それまで82円40銭くらいで推移していましたが、このブログを更新する時には、急激に円安方向に動き始め、一気に82円80銭近辺まで進んでいました。

原因は財務省による貿易黒字の大幅減少の発表でした。

事前予想では6471億円でしたが、発表された数値は1965億円でした。

4500億円もの大幅な黒字減少です。

これも東北関東大震災の影響でしょうね。

しかしこれで一気に円安に向かうかと思いきや、意外と値段は落ち着いています。

米国経済の先行き不安もあり、ドル買いが進んでいないのが要因みたいですね。

しかし4月以降の日本の貿易黒字の減少(いえ、貿易赤字の可能性もある!)も考慮すると、円安方向に動くと見るのが妥当なセンだと思います。

はたして、為替の動向やいかに。


2011年4月19日のドル/円チャートです [FX]

(米)S&Pが、米国国債の格付けを「ネガティブ」へ

昨日に引き続き、今度は世界的に有名な格付け会社である「スタンダード&プアーズ(S&P)」が、AAA(トリプル・エー)の米国国債の格付け見通しを「安定的」→「ネガティブ」に引き下げました。
この発表によって、米株式も売られる格好となり、一時は300ドル近い下落となりました。

為替の動きは当然、ドル安円高へ・・・
しかし世界的に見ると、欧州の経済不安の方が不安視されているようですね。

それにしても、なぜ米国の国債がAAAなのか不思議です。
さらに日本の国債の格付けもAA(ダブル・エー)なのですが、両国とも巨大な債務を抱えていますね。

※日本は、国内で国債を消費していますが、そろそろ限界に達しようとしています。
これが、どのようなインパクトを与えるか、マスコミでは決して流されない事実でしょう。
日本国債と福島原発、真実を知りたいものです。

さて、今夜の21:30には「米国住宅着工件数」の発表があります。
これは毎月第3週に発表される経済指標のひとつで、特に米国では、この住宅関連の数字が経済動向を見極める材料になります。

つまり住宅が多く作られると景気が上向いていると判断されるのです。
前回の3月の発表では、事前予想よりも大幅に悪い数値でした。

【2011年2月度の米国住宅着工件数】
47.9万件 (予想:56.7万件)

 

今朝のドル/円チャートはコチラです。

FXチャート 2011-04-19 15M

【2011-04-19 15M】

FXチャート 2011-04-19 5M

【2011-04-19 5M】

 

昨夜S&Pが発表した米国国債の格付けに関するニュースによって、ドル安・円高が進んだようです。

今朝は82円50銭近辺で動いています。

ムーディーズは、まだ日本国債の格付けを発表していないので、早く聞きたいですね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。